男性ウケ抜群なVラインはコレ!VIO脱毛にオススメの脱毛方法も紹介

VIOラインの形はどれがオススメ?
男性に人気のデザインも知りたい

今や女性の2人に1人以上がVIO脱毛をする時代。

みんなアンダーヘアは、どのようなデザインにしているのか気になりますよね。

また男性はどのデザインが好きなのかも知りたいと思います。

この記事では

  • Vラインのデザイン一覧
  • 男性に人気のVラインのデザイン
  • VIO脱毛方法

を紹介します!

私が実際にやっているVラインのお手入れ方法や、ビフォーアフターはこちらの記事で紹介しています。

あわせて読みたい
ケノンでVIO脱毛した経過写真を包み隠さず公開!脱毛器の真実をぶっちゃけ 家庭用脱毛器でVIOの毛はなくなる? 実際に使った人の写真が見たい! この記事では家庭用脱毛器の実力を、リアルな経過写真でお伝えします。 体を張って撮影しました!...
目次

Vラインのデザイン6選 男性に人気のデザインは?

そもそもVラインってどこ?VIOの場所を確認

スクロールできます

Vライン

Iライン

Oライン

VIOラインは、ビキニライン(V)、女性器周辺(I)、肛門周囲(O)のエリアを指します。

この中でも、Vラインは、毛を全部無くした人もいれば、毛を残してデザインをしたいという人に分かれます。

この記事では、Vラインのアンダーヘアデザインについて解説をしていきます。

Vラインのオススメデザイン 男性ウケの良いデザインは?

Vラインの主なデザインは6種類あります。

どのデザインも素敵ですが、男性に人気が高い順に紹介していきます。

スクロールできます
ナチュラルトライアングルハイジニーナオーバル/スクエアIデザインハート
特徴自然な生え方のままのデザイン。コンパクトで人気なデザイン毛を残さないツルツルのデザイン小さい丸や四角のデザイン縦長に毛を残したデザインハート型のデザイン
男性ウケ★★★★★☆★★☆★☆☆★☆☆★☆☆
概要面積は減らさず、毛量のみを減らすスタイル。Vラインの上部とサイドを脱毛する三角形のデザイン。毛を全てなくすスタイル。清潔感があり、生理も楽。男性人気には意見が分かれる小さい丸や四角で毛を残す。下着からもはみ出ない。Iラインの上だけを隠すデザイン日本人は縮れているので、何回か全剃りした後に挑戦するのがオススメ。
オススメな人デリケートゾーンのケアが初めての人初めてVIO脱毛をする方にオススメツルツルにしたい人。生理の蒸れを無くして衛生的にしたい人ツルツルにはしたくないけど、少しだけ残したい人Iラインの上でけ隠したい人他の人とは被りたくない人
やり方やり方やり方やり方やり方やり方

一番男性ウケも良いのは、ナチュラルです。

やっぱり自然が一番!最低限防いだ初心者でも始めやすいデザインです。

二番目に人気なのは、トライアングルとハイジニーナです。

・トライアングルは、お手入れはされているけど、適度に毛が残っている方が可愛い!

・ハイジニーナ(パイパン)は、清潔感があって、中途半端にやるぐらいならツルツルの方が良い!

と、意見が分かれましたが、どちらも男性人気も高いデザインでした。

結論
  • 男性人気で選ぶならナチュラルがオススメ!
  • 筆者が一番快適だったのは、可愛い下着も挑戦できるトライアングル!

形は焦って決める必要はありません!
なぜなら…

どんな形を目指すとしても、初期(1~3回目)は、全剃りして脱毛してボリュームを落とすからです。

つまり、4回目の脱毛までにデザインを決めて、完全に脱毛する部分を決めれば良いのです。

まずはナチュラルを目指して脱毛を始めて、徐々にあなたの理想の形に近づけていくのがオススメですよ。

それぞれのデザインの作り方を解説

ナチュラルデザインの作り方

ナチュラルデザインは、自然に生えている部分の面積は減らさずに、ボリュームだけ落とすデザインです。

もちろん長さを揃えるだけでも良いのですが、全剃りを3回ぐらいして、全体のボリュームを落とす脱毛をするのがオススメです。

完全にツルツルにするのは恥ずかしいけれど、ボリュームダウンすることで、蒸れにくくなってオススメですよ。

トライアングルデザインの作り方

最終的には、小さい三角形の形を作ります。

下着からはみ出ない部分まで上やサイドの毛を、剃ったり脱毛します。

この時のポイントは、残す部分も3回ほど全剃りをして、脱毛し、ボリュームダウンをすることがオススメです。

完全に隠す部分は、ツルツルになるまで全剃りと脱毛を繰り返します。

3回も照射すれば毛質も細くなる!

トライアングルデザインは、大体3ヶ月ぐらいすれば完成しますよ。

ハイジニーナデザインの作り方

ハイジニーナは毛を全部無くしたツルツルの状態のことです。

最近は男女ともに脱毛が一般的で、ハイジニーナに対して抵抗がある人は男女ともに少なくなっています。

ハイジニーナだと遊んでいるように見える、なんて時代は終わり!

ハイジニーナは、見た目がスッキリするだけでなく、生理の時に蒸れにくいので、衛生的にもとても良いのでオススメです。

ハイジニーナ状態を目指すには、かなりの時間と苦労がかかります。

サロンや医療脱毛でも、1年から2年ぐらいかかり、かなりお金がかかります。

費用を抑えたい人は、家庭用脱毛器も使うことで、安くハイジニーナを目指すこともできますよ。

私は家庭用脱毛器でハイジニーナ脱毛しています。
経過写真もあるのでチェックしてみてね

あわせて読みたい
ケノンでVIO脱毛した経過写真を包み隠さず公開!脱毛器の真実をぶっちゃけ 家庭用脱毛器でVIOの毛はなくなる? 実際に使った人の写真が見たい! この記事では家庭用脱毛器の実力を、リアルな経過写真でお伝えします。 体を張って撮影しました!...

オーバル/スクエアの作り方

オーバルやスクエアは、Iラインに近い部分を少し残したデザインです。

丸のデザインをオーバルデザイン、四角のデザインに残すことをスクエアデザインと言います。

丸だと可愛らしい印象になりますし、四角だときちんと整った印象になります。

完全に無くす部分は何度も脱毛して、残す部分も何度かは全剃りしてボリュームダウンをする方がオススメです。

Iデザインの作り方

Iデザインは、Iライン部分の上の部分をまっすぐ伸ばすデザインです。

Iライン部分から、繋がって見えてほしいという方が選ぶデザインです。

下着のはみ出しは防げますが、いかにもお手入れしています!という感じなので、少し不自然と感じる人もいるかと思います。

これも残す部分も何度か全剃りし脱毛、無くす部分はツルツルになるまで脱毛を繰り返しましょう。

ハートデザインの作り方

他の人とは違うデザインにしてみたいという人は、ハートや星形のデザインがあります。

しかし日本人のアンダーヘアは、縮れていることが多く、綺麗なデザインに仕上がらない可能性があります。

デリケートゾーンの悩みを解決するVIO・ハイジニーナ脱毛とは

デリケートゾーンに関して、こんな悩みがありませんか?

  • 下着から毛がはみ出ている!
  • やってもすぐ生えてくる!自己処理をやめたい
  • 生理中の蒸れとニオイをどうにかしたい
  • 水着やセクシーな下着を着たい

これらの悩みは、VIO・ハイジニーナ脱毛で解決できます

VIO脱毛とハイジニーナ脱毛の違い

VIO脱毛は、VIOラインのムダ毛の量を減らしたり、毛を細くして整えるこ全般をVIO脱毛と言います。

ハイジニーナ脱毛は、VIO脱毛の一種で、VIOの毛を完全に毛がない状態(ツルツル)にすることをハイジニーナ脱毛と言います。

ハイジニーナ脱毛は、衛生的ですし料金も変わらないので最近は選ぶ人が増えています。

VIO脱毛・ハイジニーナ脱毛メリット

VIO脱毛・ハイジニーナ脱毛のメリットを紹介します。

スクロールできます

メリット1 .面倒な自己処理がなくなる

VIOはデリケートな部分の脱毛。気を付けてお手入れする必要があるのに、生えるスピードは速いので、自己処理がとにかく面倒。
VIO脱毛をすることで面倒な自己処理から解放されます。

メリット2 .ニオイや蒸れの改善

VIO部分は毛が多いと、蒸れやすくなりニオイが気になりやすくなります。VIO脱毛で毛の量を減らしたり、ハイジニーナ状態で毛を無くすことで、匂いの原因となる蒸れを解消できます。

メリット3 .ハミ出しの心配がなくなる

VIO脱毛できちんと毛をお手入れすることで、水着や下着から毛がはみ出す、いわゆる「ハミ毛」の心配がなくなります。

お手入れをすることで、ランジェリーの選択肢が増えるなどのメリットもあります。

メリット4.生理中が快適

生理中は、特に毛によって蒸れやすくなります。毛に血が付着して固まるなんてことも。VIO脱毛をすることで、蒸れにくくなるだけでなく、においも軽減されます。ハイジニーナ状態にすれば、特に衛生的になります。

メリット5.入院や介護の負担軽減

介護脱毛というキーワードが最近トレンドになっています。将来、お世話をしてくれる方のことを考えて、脱毛をする人が増えています。VIO脱毛をしておくという気遣いができるようになります。

VIO脱毛・ハイジニーナ脱毛デメリット

スクロールできます

メリット1 .時間とお金がかかる

VIO部分は、体の他の部位と比べると、毛が太く、再生力も高い上に、毛周期と呼ばれる毛が生えてくるタイミングが遅く、脱毛に時間がかかることがあります。
ハイジニーナ状態にするには医療脱毛でも12回程度、脱毛サロンや家庭用脱毛器では18回程度お手入れする必要があります。その分お金もかかります。

メリット2 .やり直しができない

一度脱毛をすると、やり直しが難しいです。特にハイジニーナ状態にし終えた後は、彼氏に言われてVラインを生やしてほしい、と言われても戻すことができません。

デメリット3 .痛みが強め

VIO部分は、粘膜に近く皮膚が薄くなっています。特にIラインが強いです。そのため、全身の中でも痛みを感じやすい部分です。医療脱毛だと痛すぎて耐えられに人もいますが、最近は麻酔クリームなどもありますが、別料金なことも多いので注意しましょう。

デメリット4.伸びかけの毛がかゆい

VIO脱毛をしていると、どうしても毛が伸びかけの期間が出てきます。その時は下着の布の間に伸びている途中の毛が引っ掛かり、チクチクとしたかゆみを感じることがあります。

デメリットもありますが、メリットも大きいので、私はハイジニーナ脱毛をすることに決めました

VIO脱毛・ハイジニーナ脱毛をするならどこがオススメ?

VIO脱毛をしたい、デザインも決めたら、実際にどこで脱毛するかを決めましょう。

脱毛方法は主に3つです。

  • 医療脱毛に通う
  • 脱毛サロンに通う
  • 家庭用脱毛器を使ったセルフ脱毛

それぞれの特徴を見てみましょう。

スクロールできます
デリケートな場所だから医療機関でやりたい人

医療脱毛がオススメ

オススメな理由

  • 医療機関なのでアフターケアもあり安心
  • 痛みに対して麻酔も使える
  • 効果が出やすい医療脱毛

ハイジニーナにかかる回数:8~12回
値段:30~50万円

痛みに弱いのでゆっくり効果を出したい人

脱毛サロンがオススメ

オススメな理由

  • 医療脱毛よりも痛みが少ない
  • エステティシャンにお手入れしてもらえる
  • 医療脱毛よりも料金を抑えられる

ハイジニーナにかかる回数:13~18回
値段:15~30万円

セルフで安く、効果を出したい人

家庭用脱毛器がオススメ

オススメな理由

  • 他人に見られたくない部位を自分でできる
  • セルフだから、10万円以下で使い放題
  • 脱毛サロン並みの効果は出る

ハイジニーナにかかる回数:13~18回
値段:7~10万円

医療脱毛 お金に余裕があるならオススメ

医療脱毛は、一番通う回数が少なく脱毛を完了することできます。

  • 忙しいから少ない回数で脱毛を終えたい
  • お金はある程度払っても良い

そんな方は、医療脱毛を選ぶのがオススメです。

医療脱毛がオススメな人

・少ない回数で効果を出したい
・お金には余裕がある
・医療で安心して脱毛したい

医療脱毛をオススメしない人

・お金に余裕がない人
・痛みに弱い人

医療脱毛は、ハイパワーのため少ない回数で効果が出るし、看護師資格のある人がお手入れをしてくれるので安心です。

医療脱毛は、8~12回程度で脱毛が完了します。

どうしても毛周期の関係で、1年半〜2年と長い期間がかかりますが、通う回数は少なく済みます。

ただ、ハイパワーゆえに、痛みに弱い人にはオススメしません。

VIOを特に痛みを感じやすい部位なので、かなり痛いです。

また、費用もツルツル状態を目指すには30万円以上必要なので、お金に余裕があることも重要です。

脱毛サロン 時間に余裕があるならオススメ

脱毛サロンは、比較的安価でプロにお手入れしてもらえます。

  • 費用はできるだけ抑えたい
  • プロにお手入れしてほしい

そんな場合にオススメです。

脱毛サロンがオススメな人

・費用はできるだけ抑えたい
・エステティシャンに任せたい
・痛みに弱い人

脱毛サロンをオススメしない人

・時間をあまりかけたくない人
・すぐに効果を求めたい人
・サロンの倒産リスクが心配な人

脱毛サロンは、医療脱毛に比べるとパワーが落ちるため、
ツルツルになるには、13~18回のお手入れが必要です。

予約の取りにくいサロンの場合は、1ヶ月に1回しか通えないので2~3年かかることがあります。

それでも、医療脱毛に比べたら安い値段で通うことができますし、痛みを抑えてお手入れしたい人には、脱毛サロンもオススメです。

家庭用脱毛器 納得いくまでやりたい人にはオススメ

家庭用脱毛器は、一番安価にVIO脱毛ができる方法です。

  • セルフなので納得いくまで何度でもできる
  • 1回買い切りで10万円以下で脱毛し放題

家庭用脱毛器がオススメな人

・納得いくまでお手入れしたい人
・脱毛サロンよりも早く効果を出したい人
・費用をできるだけ抑えたい人

家庭用脱毛器をオススメしない人

・時間をあまりかけたくない人
・すぐに効果を求めたい人
・プロにお手入れしてもらいたい人

まとめ デザインが決まったら自分にあった脱毛場所を探そう!

この記事では、VIO脱毛やハイジニーナ脱毛に関する解説と、Vラインのデザインについて解説をしていきました。

脱毛が初めての方にはトライアングルのデザインがオススメで、衛生面を考えるならハイジニーナもオススメなことをお伝えしました。

デザインが決まったら、どこで脱毛をするかに関しても解説しました。

VIO脱毛は基本時間とお金のかかる脱毛です。
余裕がある場合は医療脱毛でも良いですが金銭的に厳しければ、脱毛サロンや家庭用脱毛器を検討しましょう。

特に家庭用脱毛器は、セルフでやる必要がある代わりに、10万円以下で脱毛をすることが可能なのでオススメです。

私も家庭用脱毛器でVIO脱毛を成功させているので、気になる方はこちらの記事もぜひご覧ください。

私は家庭用脱毛器で脱毛しました!という脱毛器を使った体験談もあるので確認してみてください。

あわせて読みたい
ケノンでVIO脱毛した経過写真を包み隠さず公開!脱毛器の真実をぶっちゃけ 家庭用脱毛器でVIOの毛はなくなる? 実際に使った人の写真が見たい! この記事では家庭用脱毛器の実力を、リアルな経過写真でお伝えします。 体を張って撮影しました!...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次